名画の複製画の魅力

雑誌の特集や美術展の広告で目にする様々な名画。素敵な一枚を目にした時「自宅に飾ってみたい」と思ったことはありませんか?

私たちは、画集やポストカードなど、手軽に手に入るもので満足しがちですが、思い切って、額に入った複製画を飾ってみると、その楽しさは予想をはるかに越えます。

その魅力は、まず、大きさの迫力です。手軽な絵もコンパクトで親しみやすいのですが、やはり、額に入った大きな名画を自宅のお気に入りの場所に飾ると、その存在感で「名画を独り占めしている」気分になれます。

その絵を見ながら、お茶を飲んだり、お酒を飲んだり、パートナーと会話をしたり、楽しい時間が、さらに至福なものへと変わることでしょう。

また、ふと、顔を上げた瞬間に、お気に入りの名画が視界に入ってくると、何とも言えず幸せな、嬉しい気持ちが湧き上り、生活に元気を与えてくれるでしょう。

もうひとつ、名画の魅力は、「本物感を感じる」ということです。長年、多くの人々に親しまれてきたからこそ、名画には、普遍的に人を惹きつけるものがそこには備わっています。

流行に左右されない、本質的なその魅力は、何年経っても色褪せず、むしろ、愛着がそこに生まれ、生活になくてはならない、パートナーのような存在になってくるでしょう。現在は、技術が進化し、超高密度デジタル出力や版画など、経年による色の劣化がしにくいものも販売されています。

長年、一緒に暮らしていける、お気に入りの名画を見つけて、自宅に飾ってみては如何でしょうか?

開業祝いの贈答用絵画

開業祝いで絵画を贈答する場合、どんな絵画を選べば良いのか迷いますね?
人それぞれ絵画の好みが異なります。自分のセンスだけではなかなか決められないものです。

開業祝いで絵画を贈答する場合に特に厳密な決まりなどはありませんがポスターは辞めましょう。
安いポスターはすぐに色があせてしまい長く飾ることが出来ません。
飾るにふさわしい高品質の紙であるものをしっかりと選びましょう。
また、見たこともないような絵画ではなく、シャガールやピカソの名画など有名な絵画の複製画をお薦めします。
人に見せる事が出来、センスが合わない心配もないのでどなたにも喜ばれます。
また、相手に贈答する場合は、すぐに飾れる額縁付きの絵画が贈答品としてふさわしいです。

また、開業祝で贈答する場合に気をつけなければいけないことは、火に関するものを贈答してはいけないということです。
火に関するものは火事を連想させてしまうため、避けた方が良いとされています。
絵画も同じです。火が描かれているような絵や全体的に赤い絵などもなるべく避けましょう。

会議室に飾る絵画

会社の会議室に絵画を飾るというのはとても良いことです。
良い絵画を選ぶと、緊迫した会議室の空気を和ませる効果があり、会議中に良いアイディアがどんどん生まれるものです。
しかし、会議室に合っていない絵画を選んでしまうと、その逆で、会議室をより緊迫させることもあり得ます。
そのため会議室に飾る絵画は慎重に選びましょう。

会議室に飾る絵画の選び方で、最も重要なことは絵画全体の色を見て選ぶということです。
色彩が人に与える影響はとても大きいものです。
例えば暖色系の赤い色などは、人を興奮させる効果があり、時間の流れを早く感じさせる効果があります。
ファストフード店では内装を暖色系の色にすることで、客の回転率を早める効果を狙っています。
その逆に寒色系の青い色は、人を落ち着かせる効果があり、時間の流れを遅くし、集中させる効果があります。
そのためオフィスなどの仕事場ではとても有効な色です。
このようなことから会議室に飾る絵画の選び方は青い寒色系の色を選ぶと良いです。
人を落ち着かせる効果があり、集中しやすくなります。

また、絵画のデザインの選び方は、花の絵画が無難です。
花が嫌いという人はまずいませんね。
万人受けするだけでなく、綺麗な花は人を落ち着かせる効果があります。
そのため会議室に飾る絵画を選ぶ際は花の絵画を選びましょう。

いくら青系の花の絵画を会議室に飾ったとしても絵画自体が小さいとその効果もあまり期待できません。
なるべく大き目の絵画で、会社に飾っても恥ずかしくないような豪華な絵画を選びましょう。



すぐに飾れる“額縁つき”絵画

すぐに飾れる“額縁つき”絵画の魅力

絵画を一般に購入できるお店としては、百貨店や画廊、骨董品店、アートショップ、額縁専門店などがあります。それぞれの特徴は、以下の通りです。

<百貨店>
作家の個展やグループ展などを開催し絵画を販売
<画廊>
作家から直接仕入れた作品や、同業者の交換会で仕入れた作品を販売
<骨董品店、古美術品店>
中古美術品の取扱い
<アートショップ、額縁専門店>
ポスターや複製画、版画など比較的安価なインテリアアートの取扱い

またお店以外にも、作家からの直接販売や一般オークションでの落札といった購入方法があります。貸し画廊などで個展やグループ展が開催されている場合には、開催している作家から直接購入することも出来るでしょう。もし画廊や貸しスペースなどで個展を見かけたら、覗いてみてはいかがでしょうか。

絵画を飾ろうとしたとき、飾る絵画を選んだ次に大切なのが額縁です。額縁は絵画を引き立たせる、非常に大切なものなのです。 額縁は、主に額縁専門店やアートショップで扱われています。しかし今では、ギャラリーや画廊などで額縁を絵画とセットにし、「額縁つき絵画」として売られていることもあります。また複製画を扱うインテリアアートのお店でも、額縁つきの絵画は扱われています。

例えば初めて絵画を購入する人などは、額縁選びも一苦労でしょう。額縁が絵画を引き立たせるということは、マッチしない額縁を選べば、逆に絵画の良さを消してしまうこともあります。 額縁つきで売られている絵画は、売り手がその絵画に合った額縁をセレクトしたものです。ですから、そんな不安もなくすぐに飾ることができるでしょう。額縁を探し、選ぶ手間が省けるというわけです。より身近で簡単に絵画を楽しむために、額縁つき絵画は非常に魅力的といえます。

また額縁つき絵画であれば、プレゼントにも良いでしょう。贈られた方は、そのまますぐに飾ることができるので大変嬉しい贈り物になります。

インテリアアートの絵画

お部屋のインテリアに素敵な絵画があったら、そこで生活するのがもっと楽しくなりますね。 良い絵画は、視界に入っているだけでパワーを貰えるようで、気分が華やぎます。

では、インテリアとして絵画を選ぶ場合は、どのような点に注意して選べば良いのでしょうか。

絵画をインテリアの一つとして飾る場合は、絵画本体の魅力も大事ですが、周りの家具や、壁紙との調和するかどうかも大切な判断基準です。

特に部屋に個性的な家具があるときは、それと調和するような絵画を選ぶか、もしそれが難しいようであれば、額縁で工夫しましょう

例えば、部屋にロココ調の家具があり、ソファーやダイニングテーブルなどが洋風にまとめられている場合は、それに負けないようなタッチの洋画が向きます。
逆に、シンプルであまり家具が無いような部屋に大きくて派手な絵画を飾ると浮いてしまいます。 また、落ち着いた自然色の壁紙に原色で派手な絵画を飾るのも浮いてしまうのですが、この場合は壁紙と絵画のメインカラーの中間色の色の額縁を使用すると、壁紙と調和させることが出来ます。

また、お洒落な選び方の一つとして、室内のインテリアのキーカラーと絵画のカラーを合わせるという方法があります。 これは、室内の家具などに使用されているカラーでアクセントになっているもの、例えばオレンジ色のソファーカバーなどがあったら、それと同じオレンジがメインカラーになっている絵画を選ぶという方法です。 これにより、トータルコーディネートにまとまりが出来て、派手な色の絵画を飾っても、部屋全体でみると非常に落ち着いた感じになります。
ただし、コーディネートの観点では、同じオレンジでも明るいオレンジと暗いオレンジでは別のカラーですので注意して下さい。
室内のキーカラー暗いオレンジだったら、明るいオレンジの絵画と合わせても想像しているほどの調和は得られません。

すてきな絵画は、お部屋に華やぎを与えてくれる質の高いインテリアです。 お部屋にあった絵画を選び、精神的に豊かな毎日を送りたいですね。

絵画の購入前に必ず確認したい点

絵画を購入する前には、確認しておかなければならない点がいくつかあります。

まず一つ目は、その絵画のサイズとそれを飾る場所の折り合いが良いかどうかです。
サイズを聞いただけでは実際に飾った際に予想以上に大きかったり、予想以上に小さく自分自身のイメージと大きさが違い飾る場所の変更を余儀なくされたりすることもよくあります。
そうならない為には、欲しい絵画のサイズが分かったら、実際に飾る場所に同様のサイズのものを置いてみたり、しっかりと大きさを測り絵画を飾ったときの大きさをイメージしておくことが重要です。

次に、その絵画を飾るのに、どれくらいの費用が必要かどうかも確認しておきましょう。
絵画を飾るには絵画にマットシートと額縁を入れなければなりません。そして、これらの費用は思ったよりも高額となる場合があります。大きな絵の場合は想定外の価格となりまうので事前に確認をしておく必要があります。
また、絵画は、使用する額縁によってその雰囲気が大きく異なります。
そのため、出来るだけその絵画にピッタリで、サイズも雰囲気も合う額縁を選ぶ必要があります。最初から額縁が決まっている場合は、それが自分の飾る場所にあっている額縁なのか確認をしましょう。
あまり高額でない絵画を購入したにもかかわらず、飾るために額縁を購入して総額がが高くなることもあるので、絵画は本体の値段だけでなく、額縁の値段も考えて購入するようにしましょう。

また、ポスターを飾るのは辞めましょう。本当に良い紙と技法で作っている絵画とポスターでは全く違います。ポスターを飾ることに抵抗がない方もいらっしゃいますが明らかに見た目でわかってしまいます。
また、「資産」という観点から見ると、10万円以下の絵画は良い物であればほとんど価値が変動することはございません。数年後に同じ価格で売却出来ることも非常に多くあります。
しかし、値上がり目的で数十万円の絵画を購入するのは辞めましょう。そのため、よほど高い値段の絵画を買う場合を除き、絵画を買う際は「資産価値の値上がり」にこだわるよりは、「自分がその絵を好きだから」という観点から考察して選んだ方が絵画を飾る本質に適っています。

絵画は、飾ることに意義があります。
高値になるかどうかではなく、自分が気に入った絵画を飾り部屋の雰囲気が変わるのを楽しみましょう。

絵画購入で騙される?必ず値上がりする絵画はない!

初めて絵画を購入しようと考えたとき、分からないことが多く、不安を抱く方は多いでしょう。知らないことが多いと、“騙されるのではないか”と思うこともあるかもしれません。

絵画の価値は、画商または画廊が画家と相談して決定する場合と、画家自身が決定する場合があります。その際にまず参考にされるのは、掲載雑誌の号価格と経歴です。号価格は販売価格ですので、これは画商でもデパートでも変わりません。しかしデパートで取扱われるのはプロの画家で、号価格が2万5千円以下というものはないのです。

画家自身が価格を決定する場合、個展などを開きながら他の作家と比較して決めていきます。雑誌に掲載しない場合は自分で決定するしか方法がなく、比較的安い設定にされていることが多いでしょう。

またその他に、絵画のサイズや画法によっても価格が変わってきます。 直筆絵画は同じ絵が何枚も出回ることはなく、作家が心をこめて描いているので、一点一点の価値が高くなります。そのため、直筆絵画はその作家の号価格が上がると、出来栄えも関係しますが、価格が上がってくることがあるのです。

ただし、必ず価格が上がる絵画はないと考えておいた方が良いでしょう。例えばもう亡くなっている有名画家の絵画の価格は、既にほぼ決まっています。そのため資産価値としても、値上がりすることはほとんどないのです。

絵画を購入する場所としては、画商やデパートであれば間違いはないでしょう。 画家自身が個展を開いているような場合でも、気に入った作品があれば購入しても良いかもしれません。但しその場合、購入する側が画家のレベルを判断する必要があります。中には、趣味程度で個展を開いている画家もいるのです。

その他のアートショップなどでも購入はできますが、以下のようケースの店は気をつけた方が良いでしょう。

・やたらと従業員が多い ・入ると従業員がついて回る ・入り口で呼び込みまがいの行動をしている

こういった場合には、無理な売り込みをされることなどもありますので、注意が必要です。適正な価格で安心して購入ができてこそ、絵画を楽しめるというものですよね。

新築祝いのプレゼント用の絵画の選び方

新築祝いのプレゼントに素敵な絵画を贈ったら、相手はとても喜んでくれるでしょう。 それに、そんな素敵な贈り物をしてくれた人間自体も、ハイセンスで素敵な人だと認識してくれます。
しかし、選ぶのに失敗すると、飾って貰えないだけでなく、自分のセンスを疑われかねません。
なので、選ぶ際には次の点に注意して慎重に選びましょう。

新築祝いのプレゼントに絵画を贈る場合は、まずサイズに充分な配慮が必要です。

どこの家庭でも、新築の際は大なり小なり、室内のインテリアにこだわっています。 それに調和しないような絵画はいくら単品で見た場合に素敵でも、結局は飾らずじまいになってしまいますので、サイズや、飾る際にどれくらいのスペースが必要かということ、それと贈り先の新居にはそのスペースがあるかどうかを確認してから購入するようにしましょう。
それが出来ないようであれば、あまり大きなものは控え、ほどほどのサイズのものを選びましょう。
大きいサイズの絵画は飾る場所を選びますが、小さいサイズのものはリビングに飾るのに小さいようだったら、書斎に飾ったり、洗面所に飾ったりすることが出来ます。

また、新築祝いに絵画を贈る場合は、そのデザインにも注意しましょう。

出来れば、相手の好みに合ったものを贈りたいところです。
お祝いなので、暗い雰囲気のものは避けるべきですが、相手がそういう画風が好きな場合は別です。
無難なのは、花や果物などの明るいカラーの静物がモチーフになっているものです。 これならリビングにはもちろん、廊下やベッドルームに飾ってもおかしくありません。 個性を重視したいなら、相手の好みをきちんと理解していることが前提になってきます。
相手の好きな色が分かると、選ぶのが随分と楽になります。

折角のプレゼントです。
相手に快く飾って貰えるよう、ベストな選択をしましょう。

素人の書いた油絵と本物の絵画の違い

「芸術作品っぽい、油絵か? 芸術作品を忠実に再現した版画か?」

 「手軽に名画」をお部屋に飾る場合、その複製画の種類にもいろいろあります。
原画の色や絵柄を忠実に再現した「版画」や、原画を人の手によって油絵などの肉筆で模写した「複製油絵」などです。

名画には、その作家ならではの絵のタッチや構図、独特のクセや風合いなどがあります。
それら、様々なものが相まって、長い間多くの人々から愛されている名画となっています。
これを、忠実に肉筆で再現するとなると、作家本人でも難しく、まして、それ以外の他人が描くとなると、それ相当のかなりの技術が必要となります。
それができる職人は稀ですし、そんな方の作品は、手軽な価格では入手できないでしょう。
原画と絵柄や色がずれていても良いから、油絵の質感がどうしても欲しいという方は、「複製油絵」をお勧めできますが、やはり、名画を飾りたいのであれば、原画を忠実に再現している「版画」をお勧めします。

インテリアアートのプレゼント・ギフト・贈り物

殺風景でどこか寂しい部屋の雰囲気が絵を飾ることで一転する。
新たな出発、新たな挑戦、新たな気持ちに錦を飾るうえで、
インテリアアートとしての絵画は欠かせないものとなっています。

インテリアアートはその名が示す通り、あくで室内装飾に力点を置きますので、
美術品としての希少価値、価格などにこだわる必要はありません。
絵画に関する知識が乏しくても、贈る相手の好みや、部屋の内装、雰囲気さえ
知って入ればそれにあわせた絵画を選択すればよいのです。

インテリアアートとしての本質は気軽に飾り、楽しむこと。
よって最近では原画や重厚な雰囲気漂う油絵よりもお気に入りの画家の絵を安く手に入れることが
できる複製画の需要が高いようです。
シンプルではあるけれども、本質的な美が格調高い空間を作りあげる。
また気分や環境の変遷によって気軽に代替できる点においても複製画の強みと言えるでしょう。

さらに選んだ複製画に額を装飾してあげると一段と見栄えのよいものとなります。
他のインテリアアイテムとのカラーバランス、部屋の内装に合わせて額を選択してください。

豪華で荘厳な雰囲気ならば重量感を感じさせる厚みのある額を選ぶ、
現代的でモダンな雰囲気ならば、シンプルで直線的な額を選ぶ、
カジュアルな雰囲気ならばカラフルな色のものを選ぶ。

マットによるお化粧も施してやると複製画も不思議と世界に一枚だけしかない貴重な絵画に変身するものです。

新築祝いに絵画をプレゼント・ギフト・贈り物

新築の家に招待された際には、何かささやかなお祝いを贈ることとされています。
とはいえ、果たしてどのようなものがプレゼントとして適しているのか困りますよね。

間柄によっては先方の好みや趣味などが分からず、持参したはいいが逆効果だったり、
先方が以前より使い続けているものとかぶっていたりして苦い思いをするケースも少なからずある。

よって関係性にそれほど近しいものがない場合は無難に、好みの差がそれほど出ないシンプルなものを
選択するのがよろしいのかもしれません

例えばタオルだったり、花束、食器など。
ただ先方の趣向がある程度分かる場合は、相応のお祝いを贈ってあげると喜ばれます。
定番としては時計や、お菓子、酒、絵画といったところでしょうか。

特に絵画については相手のこれからの新しい暮らしに鮮やかな彩を付与するインテリア品として
極めて根強い人気を誇ります

相場としては友人・職場の同僚に対しては5千円から1万円程度
近しい親族に対しては1万円から5万円程度が妥当なところ。

その範囲で、先方の趣味趣向および家のカラーに合った作品を選びましょう。
お勧めはこれからの生活に輝きと潤いを付与するような明るく希望を感じさせる作品。
例えば印象派のモネやマネはどうでしょうか。
彼らが描いた鮮やかな光の描写は作品の枠を超えて、飾られた家に多くの恵み、幸せを
運んでくれます。

なお、火や煙、傾きといったワードは新築祝いに係る忌み言葉として敬遠されているので
それらを連想させるような絵画は絶対に避けるようにしてください。

結婚祝いに絵画をプレゼント・ギフト・贈答・贈り物

年に一度の結婚記念日。
その日は出会った当初の新鮮な気持ち、熱く惹かれあっていた記憶、
ともに味わってきた喜怒哀楽などを感謝の気持ちとともに思い出し、祝う極めて限定された大切な日。
特に節目となる結婚記念日(銀婚式、金婚式)には
親族が集まり盛大な祝賀も開かれたりします。

しかしそれら例外を除き結婚記念日は基本的に粛々と行われるもの。
夫婦の間でプレゼントの交換を行い、あくまで当事者間で愛を確認し合う限定された行事なのです。

さてその交換しあう贈り物ですが、どのようなものが妥当でしょうか
一般的なのは本やアルバム、花束や財布あたり。
特に結婚して間もないころは比較的簡易なものを選択するのが無難なようですね。
ただここぞという節目には相手に多大なインパクトを残すプレゼントを贈ること。

例えば絵画などはその代表格ではないでしょうか。
特にカラフルに咲き誇る花の絵、男女が抱き合い愛を確認し合う絵などは結婚記念日の贈り物として枯れず
咲き誇る永遠の愛を連想させ、お勧めです。

その意味でシャガールの表現する世界感は最適かもしれません。
愛の画家と呼ばれたシャガールが残した作品には愛と喜びに満ちた明るい未来を予感させてくれるものが多く、
一つ部屋のどこかに飾っておくだけでも夫婦の関係性にまばゆいきらめきを与えてくれる。

結婚記念日に絵画。一度検討されてみてはいかがでしょうか。

母の日に絵画をプレゼント・ギフト・贈り物

母の日のプレゼントと言えば、カーネーションが代表的ですよね。
起源は1907年のアメリカはフィラデルフィア、そこに居を構えていたアンナジャーヴィスという女性が
死んだ母の追悼の意を込めてカーネーション捧げたことが始まりとされています。
日本も第二次世界大戦後、アメリカの生活文化が列島にいきわたっていく中で母の日にはカーネーションという
考え方が定着しました。
プレゼントとしてカーネーションは確かにスタンダード、もらって悪い気はしないでしょう。
また子供がはにかみながらプレゼントするその姿を見て、受け取る母親もカーネーションそのもの以上の嬉しい
サプライズを感じてくれるはず。

ただカーネーションにこだわる必要はありません。花そのものでなくてもいいのです。

例えば絵画をプレゼントしてみるのはどうでしょうか。
絵画はそこにあるだけで、見る者の心を優雅に和やかにしてくれる作用があります。
特にそこに表現される絵が母親の趣味趣向とぴたっと合えば、その効果は絶大でしょう。
日々忙しく動き回っている母親に、日頃の感謝の気持ちを込めてホッとくつろげる空間を提供してあげることこそが
もしかしたら一番喜んでくれるプレゼントなのかもしれませんよね。

早速プレゼントする前に母親の好みをリサーチをしてみましょう。
お花が好きなら桜やバラが描かれた絵画、
動物が好きなら犬や猫が描かれた絵画、
楽器が好きならフルートやギターが描かれた絵画など。

種類は多岐にわたっていますが、その中から最も母親の趣味に適したものを選択してくださいね。

病院で飾る絵画の選び方・おすすめ絵画

病院に絵画を飾る目的は、患者様やご家族様の目を楽しませること、そして、空間に安らぎを与えることでしょう。
人が、病院に明るい気持ちで来ることは稀です。自身の疾病であれ家族の疾病であれ、不安や悲哀が心にあります。
病院にかけられた絵画は、時には、人生における最も辛い場面の直後に見る一枚にもなるのです。
できるだけ丁寧に選んだ絵画を飾って戴きたいと願います。

色彩的には、気持ちを落ちつかせる青や、リクラゼーション効果の高い紫などが望ましでしょう。
また、それぞれの色が調和していることもとても大切です。

ピカソの穏かな人物画や、シャガールの絵画はぴったりでしょう。特に<色彩の魔術師>シャガールの華やかな色彩は、
無機質になりがちな病院の風景を優しいものに変えてくれます。青というとフェルメールの青が思い浮かぶ方も多いかも
しれませんが、シャガールのすべてと蕩けあうような青も、たいへん素晴らしいものです。
また、ゴッホの『花咲くアーモンドの枝』 など、青空や植物を描いた絵もお薦めです。絵画を通じて、閉塞的な空間を外と繋げることで、病院にいる患者様に「ほっ」としていただけるのではないでしょうか。

また、慢性疾患や長期療養で通院する患者様が多い病院では、節目節目で、待合室の絵画を架け替えることをお薦めいたします。変化のない待合室の風景と、変化のないご自身の疾病が重なってしまうことは、考え過ぎでもなんでもありません。

どんな場所であれ、絵画は人の心に働きかけます。
けれども、特に、病院に飾られる絵画は、特別なものなのです。

リビングルームに飾りたいおすすめの絵画購入

リビングルームがご家族様が共に時間を過ごされる場所。特に、リビングダイニングをかねている場合は、ご家庭の中で最も長い時間を過ごされる場所かもしれませんね。ご家族で過ごすお時間を、素晴らしい絵画で彩りませんか? 

基本的には、お好きなものを選ばれるのをいちばんかと存じます。 ただ、リビングに飾るのですから、家族の団欒にふさわしい華やかさや暖かさを持った絵画を選ばれることをお薦めいたします。ピカソの優しい人物画や、シャガールの華やかな絵画は、その点ぴったりです。どんな大輪のバラの花束にも負けません。(だからこそ、花を飾られるのがお好きな方にもお薦めしたい絵画なのです。絵画と花のコンビネーションを考える楽しさは、きっとお気に召すかと存じます。)

お客様をお通しすることを考えると、やはり存在感のある一枚がほしいですね。ダリのインパクトのある一枚や、ピカソのシュルレアリスムの時代の絵画など、飾り手のセンスをアピールできそうです。高級感は申しあげるまでもありません。インテリアによっては、クリムトの絵画もぴったりです。特に『生命の木』は飾りやすい一枚ですね。

親子ともに暮らせる時間は意外と短いもの。いずれ巣立たれるお子様たちが、思いだされる暖かななご家庭の思い出に名画がふくまれていたら、とても素敵なことではないでしょうか。

事務所にふさわしい絵画の選び方・絵画の購入方法

○来客にむけて 事務所に飾る絵画は、あなたの事務所の『顔』となります。絵画を飾ることは、来客に、まず微笑をお見せするようなものです。美しい絵画を見て、気分を害する方はいません。また、名画を飾ることで、次の4点をお客様に感じさせます。“術に関心がある ⊇∀空間を良いものにしようと心がけている 心に余裕がある し弍弔僕祥気ある つまり、来客に安心感や信頼感を与え、また、事務所の格や品位を示すことができるのです。

○働く人にむけて 就労空間が快適であるほど、仕事の質は高まります。マンションなど、外を感じにくい場所では、美しい絵画が『窓』の代わりを果たすでしょう。また、絵画鑑賞は精神のビタミン剤になりますが、そのための時間を持つのはなかなか難しいものです。ならば、職場で名画に親しむことができれば、ストレス解消だけでなく、思わぬヒラメキも期待できるかもしれません。

事務所に飾る絵画は一般的に青や紫、茶を基調にすべきだといわれています。信頼感、安心という感情を想起するからです。若々しさを出したい場合は青系を主体に、安定感を強調したい場合は茶系を主体にすれば良いでしょう。とはいえ、法律事務所など、お客様が緊張されていることの多い事務所では、ピンクなどを含んだ、やわらかなパステルカラーの絵画がお薦めです。

学習塾の壁に絵画が必要な理由をお話します

"学習塾に飾る絵画は、三つの方向に働きかけねばなりません。ひとつめは塾生、ふたつめは塾講師、みっつめは、入塾希望者の保護者です。

入塾説明会の際、入塾希望者とその保護者が塾内におられる時間は僅かです。その僅かな間に、保護者は塾をチェックします。もちろん、講師の質や指導内容、指導実績は重要なファクターです。ですが、人間が他者を判断するのは最初の2秒であり、その判断は1時間話した後も変わらない、と言われています。同様のことが、塾などの組織にも言えます。扉を開いてまず名画が目に入ることで、「知性・教養の高い人材がいそうだ」「塾内の雰囲気が良さそうだ」と思って戴ければ、その後の説明もスムーズに受け入れられるのではないでしょうか。

それに、実際に名画を塾内に飾ることでは、講師や塾生にも良い影響を与えます。教科書で見た絵画が僕の塾にある――なんて、素敵なことですね。芸術作品は、心を落ちつかせ、豊かにします。そして、美的な配慮のある労働空間では、人は仕事に(塾生の場合は勉強に)誇りを持ちやすくもなるのです。

できるだけ有名な作品がふさわしいでしょう。題材は、セクシャルなものは避けるべきです。信頼を得る、集中力を高める、という効果を考えると、青が主体のものがぴったりに思えます。画家は、塾生の年齢層にもよるでしょう。年齢が高い場合は、ダリの作品や、ピカソの中〜後期の作品も面白いかもしれません。小学生から高校生までを扱うような場合は、シャガールの作品が広い世代に受け入れられるのではないでしょうか。"

有名絵画を購入する理由・魅力

現代において、活動している画家は数え切れないほどおられます。それらの画家の肉筆画を購入することは、物理的にも金銭的にも、無理なことではありません。美しい風景画でも愛らしい人物画でも手に入れることは可能です。では、なぜ、名作の複製絵画を購入するのでしょうか?

なんといっても、時代を超えて残ってきた作品には、それだけの魅力、素晴らしさがあります。それは複製したことで褪せるものではありません。

また、ご自宅に飾られる方の場合は、憧れの絵画を手にしたい、という理由が大きいでしょう。あの日に見たあの一枚を、気負わずに自宅に飾れる時代に私たちは暮らしています。憧れの対象を所有したいという気持ちは誰でもお持ちでしょう。

それに、なんといっても、自宅に飾ればいつでも好きなだけ眺められるのも魅力です。美術本もございますが、複製絵画の精度とサイズでなければ得られない迫力がございます。

事務所や病院などに展示される場合は、作品そのもの魅力も大切ですが、皆が知っている作品であることも重要です。お客様の心を慰めるだけでなく、そこからお話がはじまるような一枚が理想的ですね。そういった意味で、一度は目にしたであろう名画や画家の作品はぴったりといえます。

贈答品としてお使いになる場合は、これらの要因がいりまじっておられるかと存じます。

絵画を飾る場所は玄関、廊下がお勧め

絵画を何処に飾ってらっしゃいますか? 家の顔としてのリビング、玄関という答えが一般的かと存じます。 最も身近な場所ですから、絵画を存分に鑑賞できるうえに、ご家族様、お客様にも楽しんでも戴けますので、たいへん良い展示場所ですよね。 ただ、いくら絵画をかけかえて楽しんでいても、少し物足りなさを感じたことはございませんか? たとえば、ミュシャやシャガールの連作。それらを並べて飾るだけのスペースが、リビングルームにはないとしたら? たとえば、ピカソの絵画を年代順に並べたいのに、玄関にそれだけのスペースがないとしたら? お持ちの絵画をコレクションとして展示したいと思われるのは、絵画ファンとして当然のことでしょう。 そこで、意識して活用していただきたいのは、階段と廊下です。この二箇所は、ある程度の長さを持ち、また、移動方向に合わせて視線を動かすため、視線に『流れ』が生まれる場所です。階段に沿って、ミュシャの「4つの芸術 詩歌」が並んでいたら、素晴らしいと思いませんか? 何も、連作である必要はありません。お気に入りの作家の、お気に入りの絵を年代順に並べても良いでしょうし、花をテーマにして別の作家の作品を展示してもいいでしょう。廊下や階段の壁に何かが飾られていると、非常にハイセンスに感じますが、それが名画ならなおさらかと存じます。

複製絵画を購入するときの価格について

複製絵画の場合、元が同じ作品なのですから、何処の画商でも同じお値段であるべきように感じられるかもしれません。ですが、ひとくちに複製と言っても、一般的なオフセット印刷のポスターとジークレー印刷では、再現の精度も作品の耐久年数もまるで異なりますので、単純比較はできません。

では、同じ作品で、同じサイズで、同じ印刷技法を用い、同じように遺族のサインが入っている(遺族も納得したクォリティである)場合でも、値段が違うのはどういう理由でしょうか? それは、絵画の値段以外に、かかったコストの違いです。絵画も他の商品と同様、その価格には販売にいたるまでのコストが含まれています。間に通す流通が多ければ多いほど、手数料が高くなり、販売時の価格も高くせざるを得ません。

また、絵画入手経路以外のコストも考えねばなりません。たとえば、都心の一等地に画廊を構え、大勢のスタッフを抱えたお店と、地方に倉庫だけを持ち、少人数スタッフによる通販メインのお店の場合、かかる土地代・人件費はかなり違うものになるでしょう。

どの売り方にもメリット・デメリットがあるので、どちらがいいと単純比較はできませんが、このように絵画そのもの以外の価格が値段に含まれていることを、価格比較の際には思いだすべきでしょう。